2021年07月22日

海老ちゃんズが煮えるの危機 ^^)

ここ横浜も先週梅雨明けして本格的な夏がやってまいりました。
さぁ、我が家の海老ちゃんズにとって、ひじょーに厳しい季節の到来です。そう、水温です。
去年の夏はまだ瓶暮らしだったので、瓶に濡れティッシュをくっつけて空冷することで冷せたのですが今年はそうは行きません。
まずはこんな感じで冷やしてみました。

空冷01.jpg

水槽の蓋を少し開けて、そこにファンで風を送って冷します。この風ですが、しっかり当たると飼育水の蒸発が速くなるのでほんとうに水面に当たるか当たらないか・・・水槽内の空気がゆっくり入れ替わる程度にしておきます。
これでもまぁまぁ冷えてくれて、室温31.6度でも飼育水温は28度キープできます。
が、当然ですが水の気化熱を使って冷やしてるわけですから飼育水が蒸発して減ります。

IMG_20210721_112843.jpg

2日間冷やして7mmぐらい減りました。
まぁ、この程度なら3日に1回ぐらい精製水を補充してあげればいいのでさほど手間ではないのですが、やはりなんというかこう、いままで閉鎖系で飼育してきた環境を開放系にするというのに抵抗を感じます。
ホコリとか入ってきちゃいそうですし、部屋で半田付けしたりすると鉛の蒸気が入ってしまいそうですし。それになにより、海老ちゃんズにとって命とも言える飼育水を減らすことに激しい抵抗感が。

やっぱどうにかして閉鎖系で冷したい・・・と、思い、ペルチェ素子で水槽の壁面を冷やしてみることにしました。


■一番搾り放熱板ペルチェクーラーの自作実験(失敗)

まずはこれです。

ペルチェ01.jpg

そのへんに転がってたペルチェ素子と、毎晩飲んでる一番搾り500ml缶を開いて作った放熱板をくっつけて、ペルチェ素子を水槽に貼り付けて冷そう作戦です。

ペルチェ02.jpg

こんな感じにハサミで切ります。

ペルチェ03.jpg

熱伝導ゲルでペルチェ素子と放熱板を熱結合します。

ペルチェ04.jpg

いきなりフルパワー運転は怖いので、制限抵抗を入れて軽くドライブしてみますと、ぉお! 冷たい!
「これはイケるかもよ?」と思い水槽の蓋を閉めて閉鎖系に戻し、壁面に熱伝導ゲル経由で貼り付けて30分間ほど運転してみましたところ、空冷時水温28度をキープしたままです。
「よしよし」と思いそのまま運転継続。1時間後に見てみるとなんと! 水温29度に上昇しています。ペルチェ素子を剥がしてみると冷たいハズの面がなんだか温かい。

どうやらあんな適当な一番搾り放冷では放冷が追いつかず、冷たい面にまで熱が回ってきてしまうようです。

熱容量とか熱抵抗とかちゃんと計算してやらないとダメみたいですね(当たり前)。素人が適当にやってもうまくいかないことがわかりましたので、次の作戦を練ります。


■スマホクーラーで冷やす実験(成功)

というわけで次はこれ。アマゾンで2千円ぐらいで売ってたスマホクーラーです。

IMG_20210721_105522.jpg

スマホの背中にクリップでくっつけて、熱くなったスマホを冷やすというもの。なんでスマホがそんなに熱くなるのかわからんのですが、CPUを100%張り付かせるようなゲームをする人とか、動画配信を何時間もするような人のスマホはかなり熱くなって保護回路作動、CPU激遅になるのだそう。
それを解決するためのクーラーだそうで、USBで電気を貰って動きます。
早速PCのUSBに繋いでみると、ぉお! 冷たくなります。

IMG_20210721_105715.jpg

スマホにくっつけるための爪は邪魔なので裏蓋ハズして取ってしまいます。ペルチェ素子が2コ入ってますね。

IMG_20210721_110028.jpg

裏蓋を元に戻します。カワイイ図柄が描かれていて製品全体の安っぽさも皆無。最近の中華製品はほんとうに侮れません。

IMG_20210721_110833.jpg

こんな感じで水槽壁面に仮付けです。

昨日から運転してますがこれがなかなかいい感じで、室温31.4度に対して水温27.8度程度を維持しています。
あちちになったスマホを冷やすぐらいだから実はもっといきなり25度とかまで冷えるか? と期待したのですがそこまでのパワーはなさそう。
でもまぁ、28度以下をキープできれば海老ちゃんズが煮えずに済みますので、しばらくはこれで様子を見てみようと思います。


posted by かに at 10:51| Comment(3) | 日記

2021年06月26日

【備忘録】ひかりエビ1粒回収?

昨夜投下したひかりエビ3粒。今朝、1粒がまるまる残っていましたのでスポイトで回収しました。
が、スポイトで吸い上げる際に、ふやけてバラバラになってしまい、なんだか大半が水槽内に拡散してった気配。

回収したことになってるんか?

という疑惑が残りますので、0.5粒回収ぐらいに考えておいたほうがいいかな。

と、言うわけでリフレッシュ後水槽に投下したひかりエビは、5.5粒(6粒投下0.5粒回収)となりました。

余談ですが食べ残しのひかりエビを回収後、岩陰に潜んでいた海老ちゃんズ、急に出てきてひかりエビがあった場所付近をみなでうろうろしています。

まさか、「ここに食べ物があるからあとで食べよう」なんて考えるような高度な知能を持っているのでしょうか。
まるで「あれ〜〜〜、ここにあったおいしいヤツ、無くなっちゃった?」みたいな感じだったもんで。


posted by かに at 10:56| Comment(0) | 日記

2021年06月25日

【備忘録】ひかりエビさらに投下。

つい先ほど・・・22時前ぐらいかな?
ひかりエビ3粒投下してみました。

明朝、食べ残ってるようなら除去します。
posted by かに at 22:20| Comment(0) | 日記